【MF会計】社長のレシートの経費を、Excelで取り込む方法

1.フォーマットのダウンロード

税理士からすでにExcelシートが渡されている場合は、次の2に進んでください。

 

経費を入力するExcelシートを、MF会計からダウンロードします。「会計帳簿」から「仕訳帳」を選択します。

 

MFクラウド確定申告の仕訳帳

 

仕訳帳の入力画面の右上に、「インポート▼」というボタンがあります。そこを押して、「総勘定元帳」を選択します。

インポートで総勘定元帳

 

総勘定元帳のインポートという画面が表示されますので、「テンプレートダウンロード」というボタンを押して、Excelファイルをダウンロードします。

テンプレートのダウンロード

 

「総勘定元帳.xls」というファイルがダウンロードされましたので、これを開きます。

総勘定元帳のxlsファイル

 

2.フォーマットへの入力

入力のポイントを整理します。

  • 基本の勘定科目の設定は「役員借入金」にします。
  • 「貸方」の欄に数字を入力していきます。
  • 勘定科目は設定を追加・変更できますが、もし新しい科目を作る場合は、税理士にあらかじめご相談ください。

Excelの入力方法

 

3.MFクラウド会計にインポートする

Excelの入力が終わったら、先ほどMF会計の画面で、テンプレートをダウンロードした箇所のすぐ下に、アップロードができる欄があります。

勘定科目を「役員借入金」に設定して、「ファイルを選択」からExcelデータを読み込んで、「インポート」のボタンを押します。

 

役員借入金に設定してインポート

 

総勘定元帳にインポートする確認画面です。表示された内容でOKなら、「保存」ボタンを押してインポート完了です。

インポートする前に、数字が「貸方」に並んでいることを確認してください。

インポート確認画面

 

インポートが完了したら、その旨が表示されます。インポートができているか、総勘定元帳や仕訳帳などの帳簿の画面で確認しましょう。

総勘定元帳の画面

 

タイトルとURLをコピーしました