決算後にペイジーで納税する方法

税理士が申告済みで、その後にお客様ご自身で電子納税を行う手順を説明しています。なお、金融機関においてインターネットバンキング契約があることを前提としています。

 

【1】e-Taxソフト(WEB版)にログインします。

 

【2】ログイン後、表示されるメインメニューで、「送信結果・お知らせ」をクリック

 

【3】メッセージボックス一覧の「操作に進む」ボタンをクリック

 

【4】画面で表示されている「納付情報登録依頼」をクリック

 

この「納付情報登録依頼」は、

  • 「法人税及地方法人税」
  • 「消費税及び地方消費税」

の2件に分かれて登録されています。このため、【4】と【5】の手順を計2回行って納付します。

免税事業者の場合、消費税は申告していませんので、この場合は法人税のみ1回の納付になります。

 

 

【5】画面に表示されている納税額が正しいことを確認したら、電子納税の項目の「インターネットバンキング」ボタンをクリックします。あとは画面の表示に従って、ペイジーで納税してください。

 

【参考】その下の表示にある「クレジットカード」でも納付可能ですが、支払手数料がかかります。(クレジットカードの還元率が1%程度ないと、手数料の負担のほうが大きいです。個人名義のカードでも支払えますが、経費精算が手間になります)

 

タイトルとURLをコピーしました