低負担の相続税申告

100万円を超えることもザラ、といわれる相続税申告の報酬。

当事務所の相続税申告は、条件を限定することで低負担の報酬を実現します。

報酬について

判定基準基本報酬
基本報酬400,000円
相続人が2人以上の場合+100,000円
遺産総額が1億円以上の場合+150,000円
土地が2区画以上ある場合(2区画めから1区画あたり)+100,000円
申告期限が5ヶ月以内の場合(1月ごとに)+30,000円
税理士添付書面の作成+10,000円
【割引】納税額が生じない場合▲50,000円
  • 上記の報酬額は、すべて税抜です。
  • 遺産総額は、特例を適用する前の金額です。
  • 遺産総額が2億円以上の場合は、別途お見積もりとします。

ご依頼できる条件

  1. 相続人の代表者と、メールで連絡ができる。(※当事務所は、メールでのご連絡が標準です。電話は緊急時のみ使用します) →電話連絡を希望される場合は、追加報酬(基本報酬の10%)をいただきます。
  2. 被相続人の遺産は把握できており、分割方針も決まっている。
  3. 相続税の申告期限まで3ヶ月以上ある。(申告期限は、亡くなられてから10ヶ月以内です。3ヶ月以内の場合はお断りする場合がございます。)
  4. 不動産の所在は都心周辺のみであり、土地の「地積測量図」または「地図(いわゆる14条地図)」がある。
  5. 過去に贈与等の相続税対策を実施していない。
  6. 事業を営んでおらず、準確定申告は不要である。
  7. 評価に時間のかかる特殊な財産がない。
  8. 必要資料の準備を相続人が担当できる。(準備が難しい場合は、提携の司法書士がサポートします)

遺産総額と相続税額を、ご自分で調べられます

国税庁のホームページにおいて、遺産総額と相続税の簡易見積りを出すことができる「相続税の要否判定コーナー」が公開されています。

簡易的なシミュレーションは、税理士の助力なしでも、ご自分で検討することが可能になっています。

こちらを利用して、遺産総額と相続税を大まかに見積もることができます。面談時は、ぜひご自分で試算したシートをお持ちください。

ご面談の依頼

相続税は、税務でもっとも特殊な分野とされています。当事務所の税理士は、相続税で有名な税理士法人での業務経験があります。

ご依頼にあたっての初回面談は無料です。面談を希望される場合は、メールフォームからご連絡ください。

【ご参考】なぜ低負担での報酬を実現できるのか?

多くの税理士事務所では、相続税の報酬を「遺産総額」と「相続人の数」によって決めています。その一方で、「業務負担がどれぐらいかかるか?」という視点は、報酬に反映されることが少ないことが気になっていました。

当事務所は、業界慣習にこだわらず、「業務負担が少ない申告」という限定条件をつけることで、低負担の報酬を提示することに挑戦しています。

「安かろう悪かろう」ではなく、「顧客視点で、会計業界の慣習を変えられる部分があるのではないか?」という考え方から導き出した報酬とお考えください。

業務の性格上、当事務所の限定する条件にあわないと判断した場合は、受任をお断りする場合がございます。